Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

■ Magical zoologist

■ Diary ■ Cinema

子供の時から、洋画や海外ドラマが大好きで何回何十回と見直す時代を過ごしていました。
その中でも小学生の時に映画【 Harry Potter and the Philosopher's Stone 】は、何百回と見ていた映画でした。
それは、社会人として大人になっても今だにやっています。仕事終わりに海外ドラマなどを何十回も見直しています。 旗から見ると頭が可笑しく見えるかもしれませんね。

先程の映画を何回も見直すという話をした中で出した映画、世界中にファンがいる人気映画が2016.11.23 に新しい物語として公開が始まりましたね。[ 日本での公開日 ]

その映画のタイトルは、【Fantastic Beasts】日本でのタイトル【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】です。
これまでのハリーポッターシリーズの世界観だけが同じで、ストーリーやキャストが全く違う新しい映画として生まれ変わって戻ってきました。

f:id:NYuTa:20161123140216j:plain【Fantastic Beasts】
ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品として監督 : David Yatesと製作担当 : David Heyman が製作をしています。
ハリー・ポッター』シリーズの70年前、1926年頃のニューヨークが舞台で著名な魔法動物学者のニュートン・スキャマンダーが今回の作品の主人公として物語を勧めていく映画です。


ハリーポッターシリーズの大ファンなので、【Fantastic Beasts】も公開日に見に行ってきました。
色々と話したいのですがネタバレになるので簡単な感想だけを書きたいと思っています。
最初に見た印象としては、非常に映画として面白く家族みんなで楽しめる映画だとお思います。主人公が魔法動物学者ということで、ハリーポッターで出て来なかった魔法動物が色々出てきて可愛かったりかっこよかったりして面白かったです。[ 私は、David Yates監督がそこまで好きではない監督なので、違う監督に作ってほしかったなと言う心が少しあります。]