■ Night is Short, Walk On Girl.

130万部超えの素晴らしい小説を書く森見登美彦先生の作品 ”夜は短し歩けよ乙女” が湯浅政明監督により、アニメ映画として4月7日に全国上映しました。
私は森見登美彦先生の作品がとても好きで ”有頂天家族” ”走れメロス” ”四畳半神話大系” などなどの小説を読んできました。
その上、湯浅政明監督作品 ”四畳半神話大系” ”マインド・ゲーム” ”ピンポン THE ANIMATION” を見てきて、面白いカメラワークやキャラクターアニメーションが非常にユニークで素晴らしい作品を作るので大好きなんです。
その原作者と映画監督の両方が好きなので今回の映画 ”夜は短し歩けよ乙女” を期待して見に行ってきました。

 

f:id:NYuTa:20170408164317p:plain

内容などはネタバレになってしまうので言いませんが、映画版 ”夜は短し歩けよ乙女” はとても素晴らしい作品でした。
とても面白いアニメーション&とても素晴らしい色のセンスが良い湯浅政明監督だからこそ、制作できた映画かもしれません。もう一度、見に行きたいと思っています。

小説と内容は少し違いますが脚本を書いてるのが映画 ”サマータイムマシン・ブルース” などを手掛けている上田誠氏です。
小説では見れないキャラ達の背景が分かり、小説とは少し違う夜は短し歩けよ乙女” が見れたので良かったです。
色々とこのブログに書き込みたいのですが、ネタバレなどはしたくないのでこれで終わりたいと思います。
気になった人がいましたら、是非とも見に行ってみてください。

夜は短し歩けよ乙女 公式サイト : 映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト

Remove all ads